FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 疲れた。
 父が事業を起こしたいと言ってきたらしいので、聞いてきました。本音を言えば……


 話にならない


 orz



 私も一時期は考えていた起業ですが、今思えばいくつもの不満点があり、今でも悔いています。正直な話、起業って言うのは本当にシビアな世界だという点。

 今回の話で、父は筋金入りの会社員だったことを思い知りました。考え方が本当に会社員だったんですよね。定期昇給からくる”永続的成長思考”とか、本来ならば直るはずの”努力=結果理論”とか。むしろ努力が結果に結びつかないときにどうすべきかが重要なのに。


 最終的には今ある借金の上積みをして欲しくないという理由と、父のあまりに杜撰なフィナンシャル・プランを理由に反対しました。特にフィナンシャルプランでは、儲からなかったらどうするのか、運営資金が枯渇したらどうするのかなどに対する考えがなく、努力して必死に頑張ってと言うに終始し、具体的なプランがあまりに無さ過ぎたのです。フランチャイズなので向こうの経営方針を規格化し、成功の方程式をもらえるもんだと思い込んでいます。たしかに向こうも儲ける為に父を育ててくれるでしょう。しかしリスクはすべてこちら持ちです。その成功の方程式(笑)が不発に終わったらどうするのか?

 やめるのか?


 続けるのか?


 やめるならば残った借金をどうするのか? それこそ必死に働くというスタンスが活きるとは思いますが、どうせならその道は取りたくないですよね(笑)でも続ける場合は借金をもう一層積むのか? 私もある程度事業をかじりましたが、あれは努力=結果じゃないですし、成功の方程式なんてありはしないのです。あるとするならばマネジメント、価値評価をどうするのかでしょうか。

 父の考えで一番恐ろしかったのは、かならず儲かるという(私も抱いていた)幻想にとりつかれ、それに取り付かれているという自覚症状がないこと。私もそうだったんですが、そういう方向には強い信念は抱けても、逆には抱けないのです。なぜなら逆方向は破滅であり、直視しがたいのですから。みんな思うんです。



 儲かったら大きい家を買って、料理の得意な嫁さんを迎えて云々と。



 これこそが一番の罠ですよね。実際は儲からなかったときにどうするのか? が一番の肝であり、敗者である私からの未来へ羽ばたく皆さんへのプレゼントでしょうか。まぁ、まだ諦めてはいませんけど(笑)丘陵貰ってお金貯めたらリトライしてみるつもりなんです。あの幻想を一度経験した私ならば、成功は無くても以前よりはいい結果を掴めるんじゃないかと。




 ええ、実はこれも罠だったりしますがw


 これからどんな人生を選ぶのか、父を見守っていきます。もしそれでもやるっていうんなら、私が刑務所に入るのを覚悟しなければいけないかもしれません。



 orz せっかく転職したのに。
2009.10.18 Sun l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiosuku24.blog107.fc2.com/tb.php/865-91e9ba5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。