FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 音楽とシナリオは神でした。
 個人的には今回のODSTはやっていて面白かったの一語に尽きますね。シナリオの流れはかなり好きでしたし、音楽は神がかっていました。とりわけしっとりとsっひたルーキー探索時の曲は、あれは普通に店で流してもいいくらいのレベル。本当にHalo3よりもクォリティーはあがっていると思います。

 一部レイスだったかに載れないとかそういう話がありましたが、そこは残念としても、個人的にはあれは


 エンジンブローさせて、乗り込んで、グレネード放り込んで、爆発炎上させるのが好き

 な私にとっては、乗れなくても一向に厭わんのですw



 特に印象的だったのは、前作はシナリオの流れが全く分からない私には難しすぎたんですが……今回は比較的全体の流れを知らなくても楽しめましたね。どうも今度はスパルタン計画によって生み出された、頑張れ森川君ならぬ頑張るマスターチーフ2号達の話らしいので……もうちょっとそこらへん調べてからやりたいですね。どうも彼らはあることが原因で全滅したみたいですよね? 面白そうです。

 ODSTに話を戻しますが、今回のゲームは地球に殴りこんできたコヴナント軍を生身の兵団であるODSTが迎え撃つという話みたいです。この辺ですでに私のセンサーにはかなり引っかかってます。個人的にHaloに文句をつけるわけじゃないんですが、強い人が戦って強いのは当たり前であって、何が楽しいのと。むしろ人間ってそんなものね的な弱者が奮戦するから萌えるんじゃないのかと。やっぱりそこらへんはアメリカ人が作ったからなのかなとか思ったりしますが(でも圧倒的劣勢下での戦闘でありながら、WW1のある戦いではその勇猛さを誇った国でもあるのに。米海兵隊ですが)。よくガンダム相手に言うんですが、最近のガンダムは”大人が三歳児相手に、金属バットでぶん殴っている様子を見せて楽しませようとしている”と言いますね。随分いいご趣味で。


 人間なので、コヴナントが強く感じます(笑)あのちびっこ野郎ですら、軽く逝けます。ボクの親友を! なんて叫んでいる感じがしますが、レジェンドでは”生きて返さん!”とか野太い声で言っている気すらしますからね(笑)
 あとはキャラクター達も訓練された兵士ではありますが、さすがに現代で言うならば落下傘降下みたいな感じなので、散り散りになります。そういう中で個人が他の部隊に混ざって戦いながら本隊への合流を目指すというのは、かなり面白かったです。いろいろなステージがありましたが、そういうシチュエーションの中で色々なマップを楽しめたのは良かったですね。



 個人的に今回のHaloはボリュームは少なめですが、音楽とシナリオのよさは保障します。
2009.09.29 Tue l XBox360 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiosuku24.blog107.fc2.com/tb.php/846-9b213187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。